三重県伊勢市の整形外科&運動器リハビリテーション【河口外科】

  |  NEWS

今シーズン最強寒波が到来し真冬並の寒さとなっております。   急に寒くなり急激な寒暖差で腰痛を引き起こしやすくなります。 これは急激な気温差で血流が低下し、筋肉が縮こまった状態で急に動くことで、ぎっくり腰の様な症状が起きてしまいます。   そこで、この時期年末大掃除などで重い荷物を持つこともあると思いますので、 荷物を持つ際の「好ましい姿勢」と「好ましくない姿勢」を紹介させて頂きたいと思います。   【好ましい姿勢】 ・背中を真っすぐ伸ばすとお腹(腹筋)に力を入れやすくなります ・足の力が弱い場合は片膝を着いた方が立ちやすくなります ・荷物を持って運ぶ時はなるべく荷物はお腹に近づけて運びましょう   【好ましくない姿勢】 ・背中が丸くなってしまうとお腹(腹筋)に力が入り辛くなります ・しゃがまずに荷物を持ち上げる動作は腰を痛める最大の原因になります ・荷物を運ぶ時に荷物がお腹から離れていると腰に負担がかかりやすくなります

この度、理学療法士の松本が、 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)の資格を取得いたしました。   アスレティックトレーナーとは、プロや実業団等で活躍する一流アスリートから、一般の生涯スポーツ愛好家、 中学・高校の部活動生、スポーツ少年団の団員などすべてのスポーツ選手のコンディション作りをサポートする資格です。   この資格取得には、スポーツ現場での実績を踏まえて各県スポーツ協会もしくは中央競技団体から推薦された100名/年程度のみが受講できる養成講習会を、2年間に渡り受講した上で、理論試験・実技試験に合格する必要があり、その合格率は10~30%程度と言わております。   今回、資格取得するうえで培った知識、技術を普段のリハビリテーションや現場での活動に活かしていきたいと思います。   当院理学療法士は、宇治山田商業高等学校硬式野球部、津西高等学校硬式野球部、三重県国体強化選手(相撲競技)のチームトレーナーをしており、年間通してフィジカルチェックやメディカルチェックを行い、良いコンディショニングで普段の練習や試合に臨めるようにサポートしております。

マスクの着用につきまして、個人の判断に委ねられることになりましたが 日本医師会では、「医療機関の受診時」「医療機関や高齢者施設等への訪問時」「通勤ラッシュ時等混雑した電車やバスの乗車時」については、マスクの着用を推奨されています。 ご協力をよろしくお願いいたします。   また、院内各所に24時間換気システム導入しております(三菱ロスナイ)    

当院ではオンライン資格確認システムを導入しています。 マイナンバーカードを健康保険証として利用できます。 ※公費負担受給者証・医療証についてはマイナンバーカードでは確認できませんので、必ず原本を受付へご提示ください。 患者様が同意されましたら、過去の特定健診結果や薬剤情報を閲覧可能となり、診療に活用することができます。 令和5年4月1日より、上記体制の整備に伴いまして「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」を算定します。 令和5年12月31日まで、特例措置に伴い以下の点数を算定します。 <初診時> マイナ保険証を利用し、診療情報提供に同意した場合 加算2点 マイナ保険証を利用するが、診療情報等提供に同意しない場合 加算6点 マイナ保険証を利用しない場合 加算6点 <再診時> マイナ保険証を利用しない場合 加算2点

当院リハビリテーション室は、 常に患者様に対して質の高いリハビリテーションを提供することができるように、 定期的に研修会を実施しています。   今回は、 「腰痛に対する理学療法」というタイトルで、 先輩理学療法士が後輩理学療法士に指導しました。   具体的な内容としては、 ・腰椎の解剖 ・仙腸関節の安定化メカニズム ・機能的腰部障害 ・股関節-体幹筋の運動療法 について学習しました。   今回勉強したことを日々の臨床に活かせるように努力していきます。  

今回は投球時に肘にかかるストレス値を計測できる機器PULSE THROWを紹介させていただきます。 野球での投球動作において何度も投球を繰り返すと肩・肘に負担がかかります。 体がうまく使えていない投げ方で投球を続けていると、より大きな力が肘にかかってきます。   今回紹介させていただくPULSE THROWという機器で投球時の肘にかかる負担がどれくらいなのか、投げる時の腕の角度、腕振りの速度などを計測することができます。   〇装着例         引用:https://onsideworld.com/pulse/

リアライン・コアとは? リアライン・コアは、体の中心(コア)を構成する骨盤と胸郭の歪みを整えるための運動補助具です。 器具は、骨盤ユニット(骨盤用)と胸郭ユニット(胸郭用)の2種類あります。 リアライン・コアを装着して10分程度の簡単なエクササイズを行うことで、骨盤と胸郭のゆがみを整え、背骨の正しい運動パターンを学習できます。 アスリートであれば、体幹機能が向上してパフォーマンスアップが期待できます。 今回は胸郭ユニットを使用した当院での運動方法を紹介させて頂きます。 〇使用例 1.深呼吸 深く呼吸を繰り返します。 2.胸郭回旋 リアライン・コアを正面に向けたまま、肩を左右に回旋します。 3.上肢挙上 左右交互に上肢の挙上を繰り返します。 4.後屈 軽く息を吸って肋骨が左右に開くことを意識しながら後屈します。 引用:https://realine.info/realine/core

リアライン・コアとは?   リアライン・コアは、体の中心(コア)を構成する骨盤と胸郭の歪みを整えるための運動補助具です。 器具は、骨盤ユニット(骨盤用)と胸郭ユニット(胸郭用)の2種類あります。   リアライン・コアを装着して10分程度の簡単なエクササイズを行うことで、骨盤と胸郭のゆがみを整え、背骨の正しい運動パターンを学習できます。 アスリートであれば、体幹機能が向上してパフォーマンスアップが期待できます。   今回は胸郭ユニットの適応例を紹介させて頂きます。   〇適応例 ・肩の高さに左右差がある ・猫背や姿勢の悪さが気になる ・胸の下あたりの肋骨が盛り上がっている   写真のように、骨盤の位置にベルトを装着し、簡単な運動を行っていただきます。   次回は胸郭ユニットを使用した当院での運動方法を紹介させていただきます。

初めての方へ
WEB問診
診療時間
お問合せ